新型コロナウイルス感染拡大予防の取り組みについて

【白髪染め】ヘナの種類について

こんにちは、江東区門前仲町のヘナと出張訪問美容の美容室ハイジです。

カラーメニューの【ヘナ】の種類についてまとめました。

※ヘナについて、新しくまとめました。↓こちらもご覧ください。

ヘナカラーに特化した江東区門前仲町の美容室ハイジ
江東区・門前仲町エリアでオーガニックカラーのヘナに特化した美容室ハイジは、白髪や髪質に悩みがある方のための美容室です。髪にも頭皮にも優しい天然ヘナを取り扱っています。頭皮、白髪、髪のハリやコシが気になる方、ヘナカラーはいかがでしょうか?LINEでもお問い合せ受付てます。

ヘナについて

以前に書いたヘナついての記事です。
↓こちらもご覧ください。

ヘナ(HENNA)とは??白髪染め?トリートメント?
江東区門前仲町のヘナに特化した美容室ハイジです。ヘナの認知も広く浸透してきましたが、ヘナにも天然のものと化学染料配合のものとあります。意外と知られていないことなので、美容室ハイジのヘナメニューの説明とともに、簡単にですがまとめてみました。

ヘナとヘアカラーの色味の違い

ヘナと従来のヘアカラー(白髪染めやおしゃれ染め)は、まず選べる色味の幅が違います。
↓はそれを含め、両方の違いを比較したものです。

ヘアカラーとヘナの違い

ヘアカラー

ヘアカラー剤

ヘナ

ヘナ

白髪

染まる

染まる

染まり具合

一回で染まる

回数を重ねると染まってくる

黒髪

明るく(脱色)できる

明るく(脱色)できない

成分内容

主成分は化学染料(ジアミンなど)とアルカリと過酸化水素

主成分は植物由来の天然染料(+化学染料が配合されているものもある)

頭皮に対して

頭皮に刺激あり(人によっては、ヒリヒリと感じる)

頭皮に対して、低刺激

色味

化学染料の組み合わせで、色味が豊富

選べる色味が少ない(オレンジと青とブラウン)

補修効果

髪に対して補修効果はない(別途、トリートメントが必要な場合も)

ヘナ自体が髪を補修してくれる

時間

染まるまで、20~30分ほど時間が必要

加温とクーリングの時間で、50~60分ほど時間を置く

安全性

化学染料の成分のジアミンにより、重大なアレルギーを起こす場合ある

まれに植物アレルギーが起きる場合がある

ヘナは、従来のヘアカラーのように、様々な色味を選ぶということができません。ヘナの色については、次の項目で説明します。

ヘナの色味について

天然100%のヘナは、白髪をオレンジに染めます。

ヘナナチュラル 見本
ヘナのメニューでは、美容室ハイジは天然100%ヘナのみでの白髪染めをおすすめしておりますが、オレンジ色味に抵抗がある方もいらっしゃると思います。

このオレンジ色を黒っぽい暗い色やブラウン色にしたい場合は、補色という色相環で正反対に位置する関係の色の組合せを使い、茶色にしていきます。
色相環とはこういうのです。↓

色相環

この向かい合っているのが色同士が、補色になります。
ですので、オレンジの向かい合っている補色は、青(藍色)になります。
青(藍色)の色素を持つ天然の染料に、インディゴというものがあります。

インディゴ 標本

インディゴは、ジーンズの染色にも使われているものです。

このヘナとインディゴをミックスすることで、色相環の補色の組み合わせになり、ブラウン色にすることが可能です。

ヘナとインディゴ 2日後

オレンジ以外の色にするためには、以下の4つの種類があります。

ジアミンヘナ

ヘナに酸化染料(ジアミン)というヘアカラー(ヘアダイ)に使用されている化学染料が混ざっているものです。ケミカルヘナとも呼ばれています。以前、使われることが多かったタイプです。

  • 化学染料のジアミンが入っているのでよく染まり、黒にも染めることができます。
  • ヘナでもあるので、トリートメント効果も期待できます。

ただ、ヘアカラー(ヘアダイ)でアレルギー反応が出てかぶれてしまったことがある方は、このタイプではかぶれます。ヘナ自体は天然の染料で安全というイメージがあって大丈夫かと思うかもしれませんが、混ざっているジアミンに体がアレルギー反応を起こすので、かぶれてしまいます。

2度染めタイプ

天然100%のヘナで染めた後に、インディゴという同じく植物由来の天然染料を重ねて塗って、2度染めるタイプです。

両方とも天然成分なので、安全性が高いです。(植物アレルギーの可能性はあります。)

なぜ2回染めるかというと、先ほどの補色という原理を使うからです。

色相環

まず、ヘナで染めるので、白髪がオレンジ色に染まります。

その上に、インディゴ(ジーンズの藍色の染料)で藍色を乗せることにより、補色でブラウンにします。

  • ヘナで染めた後に、もう一度染めるという工程があるので、ヘナ単品で染めるよりも施術時間が長くなります。

ヘナとインディゴでは酸化発色のスピードが違うので、染めた直後の色は淡いです。

そして、ジアミンヘナほど暗くは染まりません。

1度染めタイプ

ヘナ⇒インディゴと2段階の工程を、ヘナ+インディゴ配合とあらかじめミックスしてあるもので1度染めするタイプです。

  • 2度染めする工程が、1度染めになるので施術時間は短縮されました。

ただ、染めた直後が2度染めのものと違い、緑色に染まります。そこからだんだんと発色していき、2~3日ほどで緑色が落ち着いてきます。(個人差あり)

しばらく緑色で過ごしていただかないといけません。

こちらも、ジアミンヘナより暗くはなりません。

美髪色(びはつからー)

ヘナ+インディゴの天然染料に、HC染料+塩基性染料という化学染料が配合されているヘナで、それぞれの相乗効果で発色が安定します。ジアミンヘナほど黒くはなりませんが、2度染めや1度染めよりも深く染まるようになりました。

  • ジアミンが入っていないため、安全性が高い。
  • ハリコシを与えて髪にボリュームが出るとともに、保水力を高めるので艶感がアップする
  • 地肌に色が付きにくい

ヘナとインディゴ以外の、HC染料と塩基性染料について説明をします。

HC染料小さい分子で構成されており、キューティクルの隙間から浸透し、キューてぃくるを壊さずに繊毛できるため、髪に優しい。また、中性のため頭皮への刺激が低く、安全性が高い。
塩基性染料分子が大きく、髪の表面に付着してイオン結合という電気的な化学結合することで染毛する。+の電気を帯びているため、髪が-の電気を帯びているほどよく染まる。HC染料と組み合わさることで、色持ちを良くする効果があります。

また、以下のものが、ヘナとインディゴ以外のハーブとして、美髪カラーに配合されています。

アムラ白髪や抜け毛の予防、髪にハリやコシを与え、フケやカユミの防止する効果ハーブです。髪の成長を促進し、毛根を強化して髪の毛に輝きを与えてくれます。
シカカイ天然石鹸成分のサポニンが含まれており、皮脂を取り過ぎずに頭皮を健やかにします。また、トリートメント効果で、髪の毛をしっとりサラサラにし、まとまりやすくします。
ハイビスカス保湿効果があります。
コーヒー豆髪に艶を与えます。
タカサブロウ頭皮の状態改善と育毛促進。
アセンヤクノキ抗菌作用があります。

美容室ハイジでは、天然ヘナのみ100%のナチュラルヘナと、天然ヘナと天然インディゴのみをミックスしたブラウンヘナ(1度染めタイプ)、ヘナとインディゴにHC染料と塩基性染料が配合された美髪色シリーズのブラウンヘナをご用意しております。

ヘナの効果や染め上がりの色について、こちらにまとめました。
↓ご覧くださいませ

髪と頭皮に優しい白髪染め【ヘナ】の効果とは??
江東区門前仲町の天然ヘナに特化した美容室ハイジです。植物由来のヘナカラーは、頭皮環境を整え、髪を補修するので、頭皮と髪のパックエステとも言えます。ヘナが気になっている方へ向け、ヘナの効果や白髪染めとしてヘナでできる色についてまとめました。

 

ヘナカラーにご興味がある方、お問い合わせくださいませ。

お気軽にお問い合せ下さい

03-3630-9977

受付時間10:00~19:00(火曜日・不定休)

タイトルとURLをコピーしました