新型コロナウイルス感染拡大予防の取り組みについて

ヘナカラーに特化した江東区門前仲町の美容室ハイジ

髪質にお悩みがありませんか?

江東区門前仲町エリアで天然ヘナに特化した美容室ハイジは、白髪や髪質・頭皮に悩みがある方のためのサロンです。

美容室では珍しいヘナに特化したサロンですので、ヘナカラーをお求めのお客様に好評をいただいております。

髪をいたわりながら、キレイに変わるお手伝いをさせていただいております。

お気軽にお問い合せ下さい

03-3630-9977

受付時間10:00~19:00(火曜日・不定休)

はじめての方へのご挨拶

はじめまして、江東区門前仲町のヘナに特化した美容室ハイジです。

この江東区門前仲町エリアで開業してから、ずっと天然ヘナを取り扱っております。

ヘナは髪にも頭皮にも優しく、長く続けていただけるものです。

髪にハリコシがなくなってきて悩んでいる方、健康志向の方、ジアミンアレルギーやヘアカラーの刺激に反応を示してしまう敏感肌の方などのヘアカラーを諦めていた方へおすすめしております。

このような方におすすめです
  • 白髪が気になる方
  • ハリコシがなくなり、髪質が気になる方
  • ジアミンアレルギーの方
  • ヘアカラーだと頭皮がピリピリと痛くて、我慢して染めるのがつらい方
  • 頭皮にお悩み(フケ・脂っぽいなど)のある方
  • 抜け毛や細毛でお悩みの方
  • 長く通える美容室をお探しの方
  • ゆったりと過ごしたい方

ヘナカラーとは?

美容室ハイジが得意とするヘナカラーの特徴やメリットをご紹介させていただきます。

ヘナカラーとは、ミソハギ科の植物であるヘナの葉を乾燥させたものを染料として染髪に用いる植物性の白髪染めです。この自然由来のヘナカラーの歴史は古く、クレオパトラの時代にはもう使われており、薬草としても慕われていました。

ヘナ

植物の成分により、髪のタンパク質を補修するトリートメント効果もあり、髪の内部の保水力を高め、健康な状態を保ちますので、特に女性のお客様におすすめです。

↓こちらをご覧ください。

ヘナ(HENNA)とは??白髪染め?トリートメント?
江東区門前仲町のヘナに特化した美容室ハイジです。ヘナの認知も広く浸透してきましたが、ヘナにも天然のものと化学染料配合のものとあります。意外と知られていないことなので、美容室ハイジのヘナメニューの説明とともに、簡単にですがまとめてみました。

ヘナカラーに使用する植物の種類

当店で、自然由来のヘナカラーメニューに使用する植物をご紹介します。

ヘナカラー ナチュラルの粉末
ナチュラル

ヘナの葉を粉末にしたもので、ヘナカラーの中心となる植物です。これのみを単品で使用すると、白髪はオレンジ色に、黒髪はほのかに明るく見えます。染まる以外にも、髪の一本一本にハリコシと表面にツヤが出るトリートメント効果と、毛穴の汚れを浮かして健康的な頭皮にするヘッドスパ効果があります。

ヘナカラー インディゴの粉末
インディゴ

ナンバアイ葉という植物の葉を粉末にしたもので、藍色の色素をもちます。ブルージーンズの色の原料といえば分かりやすいと思います。ヘナカラーでは髪を藍色に染める目的での使用ではなく、ヘナのオレンジ色を消す目的で使います。ナチュラルとミックスすることでブラウンになり、ミックスする割合により濃さを調節します。

ヘナカラー ニュートラルの粉末
ニュートラル

無色のヘナとも言われますがヘナではなく、カシアアウリクラタ葉という植物の葉を粉末にしたもので、ニュートラルやアワルと呼ばれています。こちらは、カシアアウリクラタ葉の他に数種類のハーブの植物がミックスされています。ヘナカラーの色味の調整や毛先のトリートメントとして使用したりします。

これらをお客様に合わせて、単品で使用したり、ミックスしたりして、天然100%のヘナカラーを施術していきます。

ヘナとヘアカラーの違い

ヘナと従来のヘアカラー(白髪染めとおしゃれ染め)の違いを、比較して表にしました。

ヘアカラー

ヘアカラー剤

ヘナ

ヘナ

白髪

染まる

染まる

染まり具合

一回で染まる

回数を重ねると染まってくる

黒髪

明るく(脱色)できる

明るく(脱色)できない

成分内容

主成分は化学染料(ジアミンなど)とアルカリと過酸化水素

主成分は植物由来の天然染料(+化学染料が配合されているものもある)

頭皮に対して

頭皮に刺激あり(人によっては、ヒリヒリと感じる)

頭皮に対して、低刺激

色味

化学染料の組み合わせで、色味が豊富

選べる色味が少ない(オレンジと青とブラウン)

補修効果

髪に対して補修効果はない(別途、トリートメントが必要な場合も)

ヘナ自体が髪を補修してくれる

時間

染まるまで、20~30分ほど時間が必要

加温とクーリングの時間で、50~60分ほど時間を置く

安全性

化学染料の成分のジアミンにより、重大なアレルギーを起こす場合ある

まれに植物アレルギーが起きる場合がある

髪を明るくしたいというニーズとはズレてしまいますが、繰り返していくことで白髪に対して綺麗に染まります。化学薬品を使用することやアレルギーが心配ではあるけど、白髪が気になる方におすすめです。

ヘナの効果、メリット

ヘアカラーとは染まる原理が違うため、メリットしては、まず、髪の毛も頭皮も傷めないことが挙げられます。そして、ヘナの効果には、以下のことが挙げられます。

  • 白髪を明るいオレンジ~ブラウンに染めることができる
  • 髪にハリ・コシがでる。ダメージしている部分を補修し、ツヤのある自然な美しい髪になる
  • フケ、かゆみなどの頭皮環境の改善が期待できる

ヘナカラーには、白髪に対して白髪染めとして、髪の毛に対してトリートメントとして、頭皮に対してのヘッドスパとして、3つの効果があると言い換えられます。

  1. 白髪を染める効果
  2. 髪の毛のトリートメント効果
  3. 頭皮のヘッドスパ効果

↓3つの効果については、こちらをご覧ください

髪と頭皮に優しい白髪染め【ヘナ】の効果とは??
江東区門前仲町の天然ヘナに特化した美容室ハイジです。植物由来のヘナカラーは、頭皮環境を整え、髪を補修するので、頭皮と髪のパックエステとも言えます。ヘナが気になっている方へ向け、ヘナの効果や白髪染めとしてヘナでできる色についてまとめました。

デメリットとしては、天然100%ヘナのみでは白髪はオレンジ色に染まることです。ブラウン色に染めるには、インディゴという同じく植物由来の染料を使わなくてはなりません。

↓こちらをご覧ください。

【白髪染め】ヘナの種類について
江東区門前仲町のヘナに特化した美容室ハイジです。天然100%ヘナはオレンジ色に染まります。それ以外の茶色に染めるヘナの種類についてまとめました。当店は、この中の2種類のヘナを使い分けていますが、天然100%のヘナのみでの白髪染めをおすすめしています。

当店では、2種類のヘナをご用意しております。

ナチュラルヘナ

当店では、天然100%のヘナのことを、ナチュラルヘナと呼んでいます。ナチュラルヘナを塗布するとローソニア・アルバという赤色酸性酵素が髪に付着し、白髪が鮮やかなオレンジ色に染まります。黒髪はほんのりと赤みがかかり、艶が増します。黒髪の割合に対して、白髪がまだらに生えている方は、すじ状にメッシュが入ったイメージになります。白髪が気になり始めた方は、こちらの方が馴染んで自然な仕上がりです。

ナチュラルヘナで染めたイメージ

ナチュラルヘナのみで、ずっと染めてきた方の写真です。

黒髪はほんのりと明るくなるという抽象的な表現ですが、ヘナを繰り返すことで、オレンジ色が着色されていき髪が明るくなったように見えます。実際は、ヘアカラーのよう脱色することはできないので、明るくなっているわけではありません。赤みがある色味ではありますが、光が当たることでヘナでも写真のような髪色は可能です。

ただ、ヘナの赤みは髪のタンパク質に直接くっついているので、ヘアカラーでも脱色できず、カラーチェンジしにくくなるのがデメリットでもあります。

ナチュラルヘナ塗布後、40分ほど加温とクーリングの時間を置き、流します。

ブラウンヘナ

ナチュラルヘナのみですとオレンジ色ですが、天然100%のインディゴという植物性染料とミックスすることで、ブラウンに染まります。

当店では、天然ヘナと天然インディゴのミックスした1度染めでブラウン色に染まるヘナのことを、ブラウンヘナと呼んでいます。

ブラウンヘナで染めたイメージ

天然の植物染料同士をミックスすることで、インディゴの持つ藍色がヘナのオレンジ色を打ち消し、髪の毛はブラウン色に染まります。そして、インディゴとヘナをミックスする割合により、ブラウンの濃さが変わってきます。こちらは、インディゴが多めにミックスしたもので染めています。

インディゴをミックスしたヘナの特徴として、染めた後は、髪が緑かかった淡い色に染まります。そこから、空気により酸化されながら3日ほど経つと、ブラウン色に変化していきます。

ブラウンヘナは、2種類ご用意しております。

まずは、植物性染料の天然100%のインディゴと天然100%のヘナのみをミックスした天然100%のブラウンヘナになります。インディゴとヘナはミックスする割合により、ブラウンの濃さ(インディゴ多めで暗くなど)が変わってきます。カウンセリングをして、ミックスする割合を決めます。繰り返して染めるごとに、しっかりと染まっていきます。

もうひとつは、植物性染料の天然インディゴ天然ヘナに、塩基性染料直接染料が配合された美髪色というブラウンヘナもございます。こちらはそれぞれの相乗効果により、天然のインディゴとヘナのミックスしたブラウンヘナよりも染まりやすく、濃いブラウン~ブラウンをご希望の方におすすめです。
※塩基性染料と直接染料は、カラートリートメントにも使用されているもので、ヘアカラーによるアレルギーのもとであるジアミンは入っていません。

ブラウンヘナ塗布後、50分ほど加温とクーリングの時間を置き、流します。

ヘナカラーの施術の流れ

ヘナカラー・カットコースの流れです。

1 カット
カット

おうちで扱いやすくなるよう、丁寧にカット致します

2 ヘナの調合
ヘナ調合

お客様のご希望に合わせて、ヘナを調合します。

3 ヘナカラーの塗布
ヘナ塗布

髪を梳かすことに注意を払い、丁寧に塗布していきます。このお客様は毎月ヘナカラーされているので、根元染めです。根元にヘナを置くように塗布していきます。

4 ヘナカラー放置タイム
ヘナ放置時間

ヘナカラー塗布後です。機械で加温して、ヘナを浸透させていきます。

5 ヘナカラーの待ち時間
ブレイクタイム

加温とクーリングをするヘナカラーの待ち時間となります。髪の状態に合わせて、40~60分ほど時間をとりますので、ごゆっくりお過ごしください。

ヘナには鎮静作用がありますので、デジタルデトックスの時間にあてるのに良いかもしれません。

小さいですが書籍コーナーもありますので、思い思いにお過ごしくださいませ。

5 シャンプー
シャンプー

タオルを使い、水分と空気を含ませるようにマッサージしながらゆっくりと取り除いていきます。頭皮にヘナが残らないようにしっかりと流し、髪に負担をかけないようにやさしく洗っていきます。

6 お仕上げ
ヘナ 仕上がり

お乾かしをして、完成です。ナチュラルヘナのみの染めあがりになります。オレンジ色も回数を重ねることで、このような深みのある赤っぽい色になっていきます。

ヘナカラーお仕上がり例

 

ナチュラルヘナ 染める前

ナチュラルヘナ 染めた後

ナチュラルヘナでずっと染めている方の染める前と染めた後の写真です。根元の部分が伸びて、白髪が目立っているのが確認できます。白髪と黒髪は、白と黒という色のコントラストと明度さがあるため、数本でも目立ってみえます。ナチュラルヘナで染めますと、白髪にオレンジ色が入るので明度が少し下がり、黒髪もほのかに明るく見えるくらいに着色されるので明度が上がったように見えます。白髪も黒髪もオレンジ色がのるので、色のコントラストがはっきりと出ている状態から、差がぼけて馴染んで見えてきます。このように、ナチュラルヘナのオレンジ色の作用で、全体的に赤み感じる色味ではありますが、白髪が馴染んでほのかにトーンアップしたように染まるので、ヘアカラーで染めるのと遜色ない仕上がりを感じられると思います。

ヘナの仕上がり ナチュラルヘナ1 横ヘナの仕上がり ナチュラルヘナ1 後ろ

10年以上毎月、ナチュラルヘナのみで染めているお客様です(前に白髪多め、後ろは黒髪とのミックス)。回数を重ねることで、オレンジ色にも深みが出て、黒髪にも赤み出てきて深みが増して艶があります。ヘナのトリートメント効果でハリコシでてふんわりし、全体にまとまりが出ています。

ヘナの仕上がり ナチュラルヘナ2 横ヘナの仕上がり ナチュラルヘナ2 後ろ

3年ほど前に、一般的なヘアカラーからヘナに変えたお客様です。ナチュラルヘナのみで染めていて、白髪の割合も多いので、明るめの仕上がりです。ヘアダイの時は明るめで白髪染めをされていたのですが、ダメージによる毛先のパサつきを気にされていました。ヘナに変えたところ、トリートメント効果により毛先のパサつきは気にならなくなったと仰っております。回数が重なってきて、色に深みが出ています。

ヘナの仕上がり ナチュラルヘナ3 横ヘナの仕上がり ナチュラルヘナ3 後ろ

長年、ナチュラルヘナで毎月染めているお客様です。前は白髪が多めなので、オレンジ色がはっきりと入っています。いっけん派手ですが、この感じがおしゃれで気に入っていると仰っていただいてます。ヘナで染める以前はヘアダイで染めていて、ヘナに変えて続けることで自然と毛が立ちあがるようになり、トップもふんわりするのを感じるそうです。ヘアカラーと違って、頭皮がピリピリとしみないのも、ヘナを選ぶ理由とのことです。

ヘナの仕上がり ナチュラルヘナ4 横ヘナの仕上がり ナチュラルヘナ4 後ろ

こちらの方も、ナチュラルヘナのみで長年染めているお客様です。お顔周りと表面に白髪が多いですが、全体の割合では黒髪が多いです。回数が重なることで、黒髪にもほんのりと赤みを感じることができ、白髪に入ったオレンジ色と馴染んでいます。室内の明かりだけでも、艶がとても出ているのが感じられると思います。

ブラウンヘナ 染める前

ブラウンヘナ 染めた後

ブラウンヘナ(白髪染めをするのもヘナカラー自体も初めて)で染める方の染める前と染めた後の写真です。白髪が多いのと、所々に集中しているのが確認できます。染める前は、白髪と黒髪のコントラストがはっきりでていますが、染めた後の写真を見るとだいぶ馴染んで落ち着いています。インディゴとヘナのミックスする割合でブラウンの濃さが決まるのですが、こちらはインディゴがかなり多めのダークブラウンくらいのもので染めています。ブラウンヘナの特徴として、染めた後すぐは緑かかった色になり、時間が経つことでゆっくりとブラウン色へ変化していきますが、緑かかった状態でも白髪に色が付くことにより、白髪が目立ちにくくなります。

ヘアカラーからヘナに切り替えたお客様で、天然ヘナと天然インディゴをミックスしたブラウンヘナで染めています。以前より抜け毛の量が多いという悩みがあり、抜け毛の改善を目指して、ヘナを選択されました。ヘナによって頭皮の環境が正常化してきたようで、改善したとご自身で感じられるくらい抜け毛が減ったそうです。根元の染めたところが緑かかった色になっていますが、白髪に色が付くことで馴染んでいて違和感はないと思います。ここから数日かけて、色が変化していきます。ヘナで染めることで、白髪は自然な感じに馴染んで目立たなくなったので、抜け毛という悩みが払拭されるよう、さらなる頭皮の状態の改善を目指していきます。

広がりやすい髪質の悩みがあるお客様で、以前は縮毛矯正をされていましたが、ヘナによる髪質改善を目指して担当させていただいてます。白髪の割合は全体的にはまばらなのですが、顔の周りや分け目には白髪がかたまっていたので、天然ヘナと天然インディゴをミックスしたブラウンヘナを使用しました。毛先は、広がりが落ち着くように改善を目指して、天然ヘナに同じく天然のハーブから生成したニュートラルをミックスしたものを使用しています。根元は白髪に対して、毛先はオレンジ味を少し抑えて補修をメインとして考え、塗り分けています。ヘナに髪のくせを伸ばす力はありませんが、少しずつ広がりにくくなってきているのがご自身でも感じるそうです。艶もでてきたので、さらなる髪質の改善を目指していきます。

ヘナの仕上がり ブラウンヘナ1 横ヘナの仕上がり ブラウンヘナ1 後ろ

こちらの方は、一年前にヘアカラーからヘナに変えたお客様です。ほぼ毎月のペースで、根元をブラウンヘナで染めています。三ヵ月に一度ほど、ハーブをミックスしたヘナで毛先をケアをしています。髪質は、俗に言う「猫っ毛」なのですが、ヘナを続けていただいた結果、ハリ・コシが出てきて、髪の毛の一本一本が太くなったような気がする、広がりやすかった髪質もまとまりやすく改善されて、調子がとても良いというお言葉をいただいてます。白髪はブラウンヘナで地毛に馴染むように染まっており、毛先のヘアカラーで脱色されているところとブラウンヘナで染めているところも、境い目がグラデーションとなってうまく馴染んでいて、違和感なくロングの髪形を維持できています。写真から、ヘナにより艶が出ていて、毛先のまとまりも感じていただけると思います。

ヘナの仕上がり ブラウンヘナ2 横ヘナの仕上がり ブラウンヘナ2 後ろ

こちらの方は、美髪色とういブラウンヘナで染めて3回目の仕上がりの写真です。白髪の割合が50%ほどで、うねりのある柔らかい髪質でしたが、ヘナの効果でくせも落ち着いてまとまりやすくなり、白髪もカバーされてと艶が出てきていると思います。

美髪色は、ヘナ+インディゴの天然染料に、HC染料+塩基性染料という化学染料が配合されているヘナで、それぞれの相乗効果で白髪が染まります。HC染料+塩基性染料というのは、カラートリートメントに配合されている染料で、ヘアカラーの主成分であるジアミン染料は使われていません。真っ黒にはできませんが、1度染めタイプのブラウンヘナより染まり、2度染め並みに暗く深く染まります。

天然の染料のヘナとインディゴのみをミックスしたブラウンヘナを扱っていますが、カウンセリングをして、深く染まるのがご希望の方には、こちらの美髪色ヘナを使用する場合もあります。

 

ご予約の方法・流れ

江東区門前仲町の美容室ハイジでは、3つの方法でご予約をお受けしてます。

  1. お電話
  2. LINE
  3. メールフォーム

この中からお好きなものをお選び下さい。お客様施術中はお客様を優先するため、お電話に出れない場合がございます。LINEでもお受けしておりますので、LINEでのご予約をおすすめしております。LINEでお友だち追加後、案内に沿ってお問い合わせ下さい。

お友だち追加
友だち追加
こちらからお友だち追加をお願いします
項目追加
必要項目を記入し、ご送信下さい

ご予約確定
確認次第、すぐに返信いたします

当日ご来店
お気を付けてお越しください。ご不明点はご来店前にご確認下さい

ヘナカラーに関するよくあるご質問

Q ヘナカラーで白髪を染めることは可能ですか?
ナチュラルヘナのみですとオレンジ色に染まり、ブラウンヘナでブラウン色に染めることが可能です。
Q ヘナで色は選べますか?
色味は限られますが、ヘナの種類を使い分けることでオレンジ色とブラウン系をお選びいただけます。
Q ヘアカラーとの違いはなんですか?
ヘアカラーで染めた場合、全体を脱色しながら染めるので、白髪も黒髪も均一に染まります。ヘナは植物性染料のため脱色する力はありませんので、白髪は染まって色が入ったのが分かりますが、黒髪は染まっているようには見えません。ただ、目立ちませんが色素は入っているので、繰り返していくとほんのりと染まっているのが感じられると思います。
Q ナチュラルヘナとブラウンヘナを選ぶポイントはなんですか?
黒髪にも色素は入りますが、ベースが黒のため分かりずらいので、染まっているようには見えません。ヘナは白髪の割合で雰囲気が変わりますので、そこが色選びのポイントになると思います。白髪の割合が少ない方はナチュラルヘナですじ状にメッシュが入ったような状態が楽しむ、白髪の割合が多い方はブラウンヘナで落ち着かせるといった使い分けが考えられます。ただ、最初から暗めを選択してしまうと、明るく戻すことができにくいのでご注意ください。(脱色作用がないので、自然に色が抜けるのを待つしかないため)
Q ヘナカラーで髪が傷みますか?
ヘナカラーでは、髪が傷むことはありません。トリートメントとしての役割もあるので、髪を染めながら髪の毛と頭皮のケアができることが、ヘナのメリットです。
Q ジアミンアレルギーがあっても染められますか?
ヘナカラーにはジアミンが含まれていないので、ジアミンアレルギーのお客様でも染めることが可能です。 ジアミンアレルギーではありませんが、まれに草木に反応する植物アレルギーをお持ち方がおり、ヘナにも反応する場合がございますので、パッチテストをご検討下さい。

Q 施術時間はどのくらいかかりますか?
ヘナカラーとカットで、約2時間~2時間30分ほどかかります。 しっかりと染まるように、加温とクーリングの時間をとっています。

Q ヘナカラーの頻度はどれくらいが良いですか?
色持ちはヘアカラーとそこまで変わらないですが、根元が平均で1ヶ月に1cmほど伸びるので、1ヶ月~2ヶ月くらいが目安になります。また、白髪の量や伸びる早さは個人差があるので、それによりまた変わってくるかと思います。 当店では、1ヶ月に1度されるお客様が多いです。

アクセス

門前仲町駅から徒歩3分ほどの所にあります。

江東区門前仲町の美容室ハイジの入り口

住所東京都江東区牡丹2-3-7

東京メトロ東西線・都営大江戸線門前仲町駅2番出口から徒歩3分です。

定休日火曜日+不定休

不定休はホームページでお知らせします。

営業時間10:00~19:00
予約予約優先制 ご予約はこちら

メッセージ

美容室ハイジの2代目になります。

美容室ハイジは開業して22年になり、ナチュラルヘナをずっと取り扱ってきました。創業者の母も、ヘナカラー愛好者です。なので、私は美容師になるずっと前から、母の白髪をヘナで染めるのを手伝ってきました。母はナチュラルヘナのみで染めてるので少し派手な色をしていますが、ヘナ歴が長いだけあって髪のハリコシはしっかりしています。ヘナはカラーとしてみれば、色味も限られるので万能ではないかもしれません。ただ長く続けることで、髪質は変わってきます。髪にも頭皮にも優しいヘナの存在を、もっと広く知っていただければと思います。

そして、母が築いてきたこの美容室ハイジをこの先も繋いでいけるよう、丁寧な仕事を心がけて努めてまいります。

プロフィール画像
ポコ
ポコ

看板犬のポコです。お店にはいませんが、よろしくお願い致します

お気軽にお問い合せ下さい

03-3630-9977

受付時間10:00~19:00(火曜日・不定休)

スマイルプロジェクト

美容室ハイジは、ヘアドネーション(髪の寄付)により、抗がん剤治療や脱毛症・抜毛症などの髪に悩みのある子共たちに、医療用ウィッグを無償で提供する【スマイルプロジェクト】のサポートサロンです。

タイトルとURLをコピーしました